「アフタヌーンティーギャラリー」のお知らせ  ※しばらくトップ固定 新ポストは下に。


c0387189_14073081.jpg


イギリスの魅力が凝縮された季刊誌『RSVP』 美しい画像に添えられた知的な文章は、いつも想像力とともにその美しい世界へ瞬時に惹きこまれます。今日はRSVPの日♪

この度、マユミ・チャップマン先生RSVPさんとのコラボで「アフタヌーンティーギャラリー」が開催されることになり、私もスイーツを何点か作らせていただくことになりました。

とてもとても光栄なこと。先生からお声をかけていただいた時は、正直責任の大きさから不安や躊躇の方が大きかったです。 
でも、一緒にやらせていただくともみさんと初めて会ってお話して、何故か不思議な力が湧いてきたのでした。

本をご覧になるとわかると思いますが、ともみさんの作られたシュガーケーキは圧巻です。彼女はマユミ先生の著書(2冊)に日本画で登場している日本画家。
『アフタヌーンティー・ギャラリー』と銘打った今回のアフタヌーンティーは、先生も普段から絵はインテリアの一部と言われているように、当日は美しく飾られた彼女の絵もご覧いただけます。(購入も可)

実は私とともみさん、これまで全く面識がなく初対面でした。しかし、もう随分も前から知っているような不思議なほど波長が合うのです。私も絵を描いているので、いいものを作りたいというエネルギーのベクトルが合うのかなと。


c0387189_16060560.jpg


さて、お菓子作りについて少し書きます。
メニューは、よりイギリスらしい食べ物をというコンセプトで、お話が決まってから何度も何度も話し合い、NZにいらっしゃるマユミ先生ともネットで話し合って決めていきました。



c0387189_16041655.jpg
                              (※花はともみさんが生けました)


今回は私にとって撮影まで時間がなく、撮影したものが10月21日と同じメニューという約束事もあり正直焦りました。


そんな中で一番試作したのがアップルクランブル。 ティーフーズ用に小さくそして可愛くを求めて!(アップルクランブルと言えばローフ皿やグラタン皿で簡単に作れるはずなのに……笑)
お陰で我が家の子どもたちは沢山アップルクランブルにありつけたのですが、何個リンゴの皮を剥いたでしょう。
形が決まっても、他のスイーツとのバランスや、柔らかいリンゴを崩さないようにする考察、タルト台とリンゴそしてクランブルとの味のバランス、いろいろな要素を含んでの試作は楽しくもあり苦しくもあり、でした。


c0387189_16073103.jpg


今回、このような形で大好きなお菓子作りのお手伝いをさせていただけたことは、マユミ先生には本当に感謝ばかりです。
そして、このご縁でお供することになったともみさんとの出会いは、私の人生に彩りになったことは間違いないです。
二人のアーティストが作るアフタヌーンティー、いいものにしましょうね!

最後になりましたが、美しく撮ってくださったカメラマン、シルバー等テーブルウェアを貸し出しくださったアンティーク屋さん、モデル役のお二方、そして、このような魅力的な企画と、素晴らしい頁に仕上げてくださった編集長、皆さまに心から感謝いたします。

皆さまも RSVP(2017年秋号)是非ご覧くださいね!!

2017年10月7日 記







[PR]
by shinobu63o | 2017-10-18 18:32

美味しいは幸せ♪


by Shinobu (ソレイユ)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31